うみのおと✳︎ぴあのおと

藤沢市辻堂ピアノ教室 レッスン風景

2017リトルコンサート

   2017.12.10 リトルコンサートを行いました。

   年一回の教室発表会。

   9月ごろよりソロ、連弾の選曲、ハンドベルの楽譜づくり。10月より6回のハンドベル、合唱の短期練習、お母様方のハンドベルチームの練習。ゲスト演奏者さんとの合わせ練習。11月よりプログラム作成、曲の仕上げ、リハーサル…と積み上げてきました。

   練習を重ねるごとに徐々に生徒さんも講師も気持ちが盛り上がってきます。

曲が仕上がってくると、本番が楽しみになってきますね。

   今年は、初参加の生徒さんも多く、親御さんとドキドキしながら見守りました。素直なかわいい音色に癒されます。

   また、6回7回と毎年出演している生徒さんは難曲に挑戦します。技術的、音楽的にむつかしいことばかり。ひとつひとつ乗り越えて少しでも良いものに、指導も責任重大です。最後のレッスンまで真剣にあきらめず取り組むことが、良い本番に結びつきます。

   ゲストにソプラノの岩谷さんをお迎えして、シューベルトの野ばら、アヴェ・マリア、ますを歌っていただきました。講師演奏はシューベルト即興曲op.90-2 を弾きました。小さな生徒さんやご家族の方々が静かに温かく見守って下さる中、演奏していると、アルペジオの響きの中に自分が入り込んでしまったような感覚を初めて感じました。

   ご家族同士の連弾はさすが息が合って、良くおさらいできていてとてもよかったです。
講師との連弾は皆細かな注文によく答えてくれました。

  ハンドベルでは、ジュピターが偶然人気ドラマの主題歌に!口ずさみながら練習しました。子供たちの奏でる音色はなぜかとても透明感があって、良い響きです。
   ははハンドベルにご協力くださるお母様が増えたことがとても嬉しかったです。お家での様子や、ピアノレッスンについて、ママ同士や私と気兼ねなく話しています。

   プログラム最後の合唱COSMOSは中学生の生徒さんに伴奏をお願いしました。歌う生徒さんたちもお姉さんの弾くピアノにうっとり、一生懸命声を合わせます。学校でも私も伴奏したいと思います、と申し出る生徒さんが増えました。素敵な連鎖です。

   宇宙が思い浮かぶ曲が並んだので、プログラムにも宇宙をイメージした挿絵を入れました。小5生徒さんの作品をお借りしました。


  アナウンスは岩谷さん、お花は大村楽器さん、写真はあおぞら写真事務所、ビデオ、会場準備など家族の力もかりて滞りなく発表会を行うことができましたこと、感謝いたします。

   当日、聞きに来てくださった、生徒さんのご家族皆様、友人、来年の出演予定の初心者のお子さん、たくさんの応援をありがとうございました。

 

  新年〜春に向けては、新しい生徒さんとの出会いがあったり、進学準備で休会の生徒さんとの締めくくりのレッスンがあります。

  音楽との出会いを共にできることを改めて嬉しく思える時期です。気持ち新たに、お稽古に励みたいと思います。

      2018.2.22

 

 

f:id:shinamari:20180209161340j:plain