うみのおと✳︎ぴあのおと

藤沢市辻堂ピアノ教室 レッスン風景

楽譜 1

ドイツでは冬が長く、10月から4月くらいまでは真冬だそうです。

近頃居座っている冬将軍が、半年もずっと!それはそれは春が待ち遠しいに違いない。春に、春に寄せて、5月に、という題の曲が多いのに納得していました。

 
1、楽譜屋さんに立ち寄り、ひらめいた、チャイコフスキーの『四季』。全曲弾いたことがなかったので、購入しざっと目を通してみました。1月〜12月まで12曲あるのがおもしろいです。どれもメロディックで、物語のような作りです。とりあえず、自分の誕生月の曲をおさらいしてみようと思います。
 
2、ディズニー曲集(中級)2冊。高学年になると、和音がおさえられるようになったり、オクターブが届くようになったり、少し難しいものを弾きたくなってきます。タイプの違うアレンジを弾き比べてみました。
 
3、パソコンでボカロ曲を物色中。ボカロ大好き中学生。毎週私の知らない曲を教えてくれます。コンピューター音楽をピアノで再現!カッコよく弾き栄えする楽譜を探しています。私の耳コピ、アレンジには限界がありますので。いいのが見つかると良いのですが。
 
4、お友達のピアノの先生が、発表会曲を探しに訪ねて来て下さいました。お互いの楽譜を交換して見合ったり、弾いてみたり、とても有意義な時間でした。発表会曲を決めるのは簡単ではないです。生徒さんのキャラクター、年齢、体格に見合った曲を、本番をイメージして決めます。良い曲が決まりますように。
私は、アニーのトゥモローの連弾譜をお借りしました。あと2冊次回購入したい楽譜が決まりました。