うみのおと✳︎ぴあのおと

藤沢市辻堂ピアノ教室 レッスン風景

2016年レッスン初めました

穏やかなお天気の続く年末年始がすぎて、2週間ぶりにピアノのレッスン開始です。
家族と楽しくすごした事、美味しいごちそうを食べた事、キーワードはおもち、ここからみんなの楽しい話に花が咲きます。おもち食べ過ぎた、ダイエットどうしよう(小6)おもちはきな粉よりあんこだよね(小1)おせちは同じ味だから好きじゃない⁈(小1)等。。。
こちらは、普段ため込んだ事を消化しつつ楽しみつつの日々。離れた家族、友人と会う、見ぬふりをしていた片付け、手抜きに慣れてしまった料理をキチンとこなす、などして過ごしていました。
ピアノからはなれて、ちょっと物寂しくなってきた頃。
元気な生徒さん達が、明けましておめでとうございます!と来てくれて、また今年もレッスン頑張るぞ、と気持ち新たにさせてくれました。感謝です。
2週間の間、のんびり過ごした子もいれば、宿題の曲をきちんとおさらいしてくる子もいました。
あと少しで教本が終わりそう、これが終わったらずっと弾きたかったパイレーツオブカリビアンをやろうね。とお話ししていた小4っ子。頑張って教本練習してきて終了、新曲に取り組めます。立派!
エリーゼのために難しそうだけど弾いてみたいんです。っと楽譜を持ち帰った小4っ子。冬休み中に最後まで両手で譜読みしてきました!これから細かいところレッスンできそうです。根性!努力!
冬休みはお出かけしないから、お家でピアノ弾いてました。小3っ子。ブルグミュラーテンポ上がって上手くなってる。ピアノへの親しみ!感じます。
今日は何日だったっけ?と正月気分の抜けない私を反省するばかり。みんなに励まされて私も練習再開しなくては!

日経新聞夕刊の新連載小説を読み始めました。夕刊の作家日替わりコラムも読んでいます。今週の不器用についてのコラム。芸術家、作家は器用な人が多いか?器用な人が優れた芸術家か?そうではないのではないか。指先手先であっさり完成させるよりも、不器用ながらに努力を重ねて出来上がったものに感動が生まれるのではないか。というお話し。
ピアノもそうだとかねがね感じていましたので、とても共感し、再確認したところです。譜読みから、アンプで弾けるまでの地味な地道な作業の上に、華やかな感動の世界があること、伝えられたらなぁと思います。