うみのおと✳︎ぴあのおと

藤沢市辻堂ピアノ教室 レッスン風景

私とピアノ 1

私が音楽に初めて触れたのは2.3才の頃、近所のお寺の広間で週1回やっていた、兄のオルガン教室に一緒に付き添いで通ったことでした。歌ったり、弾いたりする様子を見たり聞いたりして、無意識に音に馴染む事ができたのは、とても良かったと思っています。
少し経って、4才になってから私もこの教室に通って、グループレッスンを受けました。外ではおとなしい子どもだったようで、保育園に入園するよりも前に出会ったピアノの先生は、私が出会った初めての大人の人。聞かれた質問に答えるくらいしかできず、トイレに行きたい、とも言えず、教室でおもらししてしまったような、引っ込み思案な子どもでした。
そんな私にも優しく接してくれた先生。レッスンをお休みしてしまった時に下さった、ちゃんと切手の貼ってある本当の手紙が何より嬉しかった事今でも覚えています。手紙には、その日のレッスン内容と、元気になってね、というような事が書いてありました。
みんなで弾く、歌うというのは、今の私の音楽の元にもなっていて、アンサンブルや合唱が好きです。ソロの曲にも複数の声部や和声を音楽から見つけ出すのが楽しいです。
6年間習った先生のおかげで、音楽が好きになりました。長くピアノを弾いてきた原点ですね。

新しい生徒さんに出会ったら、この頃の自分を思い出してお子さんに接しています。